ホームスポンサー広告 ≫ 「給水器が壊れたのはいいことかもしれない」と無理やり思い込もうホームその他いろいろ ≫ 「給水器が壊れたのはいいことかもしれない」と無理やり思い込もう

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

「給水器が壊れたのはいいことかもしれない」と無理やり思い込もう


昨日は体調不良で、記事をきちんと書くことができず、このブログを訪れてくださった方には申し訳ないと思っています。

風邪をひいてしまいました。この忙しい時に、と思いますが、体調管理はきちんとなければいけませんね。最近、睡眠不足でした。

皆さんも、忙しい時期だからこそ、睡眠をしっかりり取って、体調を整えてくださいね。

今日は、追い打ちをかけるようなできごとがありました。わが家の給湯器が、今日、故障しました。朝、突然にです。

illust3b.jpg

給湯器の突然の故障に家族は・・・


3日もお風呂に入らなかった息子が、今朝、少し早く起きてお風呂に入ろうとしたところ、給湯器のリモコンにエラーの表示が出ていると言ってきました。私も何回かトライしましたが、何度やっても、すぐにエラーの文字が出てしまいます。

シャワーのお湯も出ません。

キッチンのお湯も同様です。キッチンにある給湯器のリモコンも、エラーが出ています。

給湯器の故障


なんで~? さっきまでお湯が使えていたのに。

給湯器の故障・・・?

息子はお風呂に入らずに大学に行きました。私は義母のデイサービスの見送りに行き、帰ってきてから、もう一度お湯を出そうとしてみましたが、ダメでした。

夫にLINEで連絡してから、ガス会社に連絡したら、修理店を教えてくれて、今日中に来てくれることになりました。

やはり、故障でした。

夫がここに住み始めてから23年。私が加わってから21年。担当者に、よくここまで給水器が持ったと言われました。

途中で故障して、ここ何年か自動お湯張りの機能は使えなくなりました。が、別にその機能はなくても不便は感じませんでした。

今回は、外にある給湯器を交換しなければならず、定価で購入すると30万円弱かかるのだそうです。ひえ~っ。しかも、取り付けは最短でも10日くらい先になるとのこと。なにそれ~!

でも、もっと安く売っているところもあるので、そちらで購入すると、もっと早く取り付けが可能かもしれないということも教えてくれました。

夫と相談して、安いところを探すことにしました。それまでは、お湯は出ません。お湯を使いたかったら、水を沸かして使うしかありません。


お湯のありがたさが身に染みる


急にこんなことになり、慌てたのは子どもたちです。「風呂、どうすりゃいいんだよ~」と息子。昨日までは、いくら入れといっても、嫌がっていたのに。

本当は、3日くらいお風呂に入らなくても大丈夫というくらいでなければいけませんね。なのに、お風呂に入れと、息子にしつこく言っているのは、私でした(汗)。息子は高校までは毎日入っていたけれど、大学生になってから、2日~3日に一度になりました。

「毎日絶対にお風呂に入らなければ気持ちが悪い」と言っている娘は、こんなことになって、ものすごくダメージを受けています。

どちらも善し悪しですけどね。

洗い物は、洗い桶に沸かしたお湯を入れ、洗剤を溶かして、食器を浸けて洗い、その後、すすぎます。子供たちは、このやり方ではなく、お湯を流しっぱなしで洗い物をしていたので、慣れるまで大変だと思います。でも、今までお湯や水を無駄に使っていたので、今回のことは、いい経験かもしれません。

でも、すすぎの時の水は、冷たいです。水は冷たいものなんですね。


断捨離すると言いながら、モノが1つ欠けると動揺する


あって当たり前のものが、そこからなくなると、動揺します。でも、なかったらないで、なんとかなるものです。私が学生のころまでは湯沸し器なんてなかったと思います。シャワーもないので、髪を洗うのには湯船の中のお湯を使っていました。トイレも汲み取り式だったし、電子レンジもなかったし・・・。

あんたいったい何歳なの、と思うでしょ? 私は50代半ばです。昭和30年代生まれですからね。まだ白黒テレビがありましたし、給食には脱脂粉乳が出ていましたし(途中でなくなりました)。

断線してしまいました。

断捨離とか、モノを減らすとか言っていながら、結局、便利なものに囲まれた生活をしていて、それらの何かが欠けたら生活が成り立たなくなってしまうのって、おかしいですよね。

昨年、洗濯機が壊れました。そこで、洗濯板を使って、お風呂場で洗濯をしました。というのは嘘で、義母の家に洗濯機を借りに行きました(笑)。

今日は、ついさっき、義母の家にお風呂を借りに行ってきました。情けない家族です。

新しい給湯器はいつ入るかわかりませんが、お湯の出ない生活をプラスに考えられたらいいなと思っています。もちろん、ずっとこのままでは嫌ですよ。

今日も、最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。