ホームスポンサー広告 ≫ 【年賀状の断捨離】年賀状を出さずに新年を迎えたら、何が見えてきたかホーム生き方・感じ方 ≫ 【年賀状の断捨離】年賀状を出さずに新年を迎えたら、何が見えてきたか

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

【年賀状の断捨離】年賀状を出さずに新年を迎えたら、何が見えてきたか


今日は1月4日。昨年末に全く年賀状を書かなかった私のところへ、年賀状が届いています。

私は今回初めて、年末に年賀状を出すというのをやめてみました。このいきさつについては、こちらの記事に書いています。
⇒ 初挑戦!年内に年賀状を出さないとどうなるか、やってみよう。     

元旦に届いた年賀状は25枚。2日から4日までに届いた年賀状は4枚。合計29枚です。

illust3.jpg

さて、私は年賀状を返したでしょうか・・・?

年賀状を仕分けてみた

まず、年賀状を仕分けてみました。

仕事関係2枚、義理関係4枚、 親戚4枚、友人&かつての友人19枚。


【親戚】


伯母(母の姉)からの年賀状。毎年必ず届きます。今年92歳で元気な伯母には、申し訳ないと思いました。来年は、元旦に届くように送ります。


【義理関係】

息子が幼稚園の時のママ友を含みます。ママ友といっても、そんなに仲が良かったわけではないのに、なぜか毎年届く年賀状。毎年、娘の活躍ぶりを写真入りで送ってきます。

今年は、娘の成人式の写真と、「ママたちも成人式したいですね」のコメント。このコメントに対しては何も触れず、「今年も皆様にとって良い年となりますように」というありきたりな表現で返しました。

こんな私って、嫌なやつですか? 

そもそも、年賀状は出せば来るのです。出さなくなれば、来なくなります。私がしっかりした態度を取らないからいけないのです。相手に対しても誠実ではありませんね。


【友人&かつての友人】

正直、友人たちから年賀状をもらうのは、嬉しいものです。今年はいつもより、元旦に届く年賀状が多かったので、申し訳ない気持ちになりました。

私が毎年、元旦に届くように送っているという事実も忘れてはなりません。

そうです。私は、ほぼ毎年、年賀状が元旦に届くように、12月25日くらいまでには投函していたのです。

いつも必ず届いていたのに、今年は届いていない人もいます。きっと、私と同じように、そろそろ年賀状をやめにしようかと思ったのでしょう。

仲の良い友人2人からは、年賀状が届いていません(笑)。いつも、私が出すから、返事として送ってくれていたのだということです。1人は田舎の友人で、年に一度は会っているので、年賀状は必要なし。もう一人は、1月中に会う予定だし、LINEでやり取りしているので、やはり、年賀状は必要ありません。

大学卒業後、一度も会っていない友人がいます。必ず元旦に年賀状をくれますが、年賀状だけのつきあいだったら、もう終わりにしてもいいかなと思います。が、返事を出さないでいる勇気はなく、すぐに書いて出しました。

私の初めての職場での友人からも、必ず年賀状が届きます。

本当にお世話になった3人です。当時新卒だった私よりかなり年上だった彼女たちですが、私は同年代の同僚と一緒にいるよりも落ち着きました。2人は70代半ば、1人は60代後半です。

私がその職場を辞めてからもずっと付き合いが続き、最近は年賀状だけのやり取りになってしまいましたが、3人からの年賀状にはいつも、今年はどこで会おうとか、その中の一人の絵の個展があるからそこで会おうとか、ひな祭りをやろうとか、いろんなお誘いがあります。

今年も具体的に誘ってもらい、今年こそ、彼女たちに会いに行こうと決めました。毎年、なんとなくやり過ごしてしまうのですが、今年こそは行動を起こしてみようと思えたのは、うれしい変化です。


結局、私は年賀状を出したのか

もらった年賀状には、すべて返事を出しました。「今年は遅くなってしまい、申し訳ありません」とお詫びしたものもあります。

もらったのにもかかわらず返事を出していないものは、1枚もありません。

結局は小心者です。「出さないと決めたら、もらった年賀状にも返事を出さない」というきっぱりした態度を取ることは、なかなかできそうにありません。


年内に年賀状を出さないという試みについて

これは、やってみてよかったです。

先ほども書きましたが、本当に会いたい人、連絡を取り合いたい人がはっきりしました。

来年は、本当に出したい人にだけ、年賀状を出します。10枚にもならないかもしれませんが、少なければ少ないほど、1枚1枚、丁寧に書けると思います。


年賀状の断捨離についてのまとめ

① みんなが出すから私も出す、という考え方はやめる。

② 出したら来るのは当たり前。この人からの年賀状はもういらないと思うなら、一切出さないようにする。

③ 年賀状だけでもいいからつながっていたいと思う人には出せばいい。

④ 年賀状を出すか出さないか迷い、出さなかったことでくよくよしない。考えるのがストレスになるなら、出せばいい。

⑤ 年賀状を出さなくても、大切な人とつながる手段は他にある。


年賀状を出す?出さない論争は、毎年どこかで必ずなされています。私は今回、年内に出さないことを選びました。次回はどうすることを選ぶか、まだわかりません。

また年末に、このテーマで書こうと思います(笑)。


今日も私の記事を読んでくださり、ありがとうございます。


スポンサーリンク

関連記事

コメント

Re: タイトルなし

うめさん、コメントありがとうございます。

うめさんは、ここ何十年も年賀状を出していないとのこと。
面倒だからという理由で?

なんてシンプルなんでしょう!
それでいいんですね。

親戚関係は息子さん夫婦にまるなげというのも、
うらやましいです。

私も、面倒なことは、どんどん切り捨てていこうと思います(^^)

はる野 | 2016.01.05 22:11 | URL


こんにちは、初コメです。

年賀状についてこんなに深い考え方、思わず読みいってしまいました。

私はここ何十年、全く出さない派。
なぜなら、面倒だから(笑)

仕事をしていた時は、外注していました。
現在、親戚関係は、息子夫婦にまるなげしました。

開き直りですね(*^^*)

うめ | 2016.01.05 11:15 | URL














管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。