ホームスポンサー広告 ≫ 「毎日掃除機をかける」10日間のレッスンで私が学んだこと5つ。ホーム生き方・感じ方 ≫ 「毎日掃除機をかける」10日間のレッスンで私が学んだこと5つ。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

「毎日掃除機をかける」10日間のレッスンで私が学んだこと5つ。


これは、あくまでも、掃除苦手な私の検証であって、掃除が苦にならない人にとっては、レベルが低い内容だと思います。

毎日掃除機をかけるということを自分に課してから、10日間が過ぎました。ここで、気づいたこと、学んだことをまとめてみようと思います。

0-17.jpg

あっという間の10日間でした。
1週間のうち、掃除機をかけるのは2、3回。床にほこりがあるのが気になってくると、そろそろ掃除機をかけなきゃ、と思って、やっと動き出す。

これが10日前までの私です。

ではなぜ、毎日掃除機をかけようと思ったか。

これについては、こちらに書きました。 ⇒ 掃除機を毎日かけるレッスン開始!今日は4日目

かいつまんで言えば、「掃除機を毎日かけるということは無理だと思っていたが、自分にもできた」という体験をしたかったからです。

結果は・・・。10日間は続けられました(^^)

とりあえず1週間続けるのが目標だったので、第一の目標は達成したことになります。

実は、本当の理由は、もっと別のところにあります。家族みんなの運勢が、今よりももっとよくなればいいなと思ったからです。

では、次はどこを目ざすのか。これについては、後ほど、考えることにします。

この10日間で、いろんな気づき、発見がありました。

題して、【毎日掃除機をかけるレッスンで私が学んだこと】

【その1】 毎日掃除機をかけても、次の日にはまた部屋は汚れている

これは、ごくごく当たり前のことなのですが、これほど実感したことはありませんでした。毎日掃除機をかけても、掃除機のフィルターの中には、ほこりや髪の毛がたくさんたまっています。

このほこりは、いったいどこからやってくるのだろう・・・?

髪の毛って、けっこう落ちるものですね。

キレイにしても、キレイにしても、部屋は毎日汚れます。だからこそ、毎日キレイにして、気持ちよく暮らす。これはとてもシンプルなことです。


【その2】 掃除をするのが苦にならなくなった

毎日掃除をしていると、週に2、3回の掃除の時より、明らかに、1回の掃除が楽になりました。「掃除をしようか、どうしようか」ではなく、掃除はするものと決まっているので、体が自然に動きます。

ただ、家族の都合で、「今はちょっと、掃除機をかけられない」ということもあり、不都合を感じることもありますが。

掃除の回数を増やした方が、精神的に楽になるなんて、これは大きな発見でした。

なんといっても、掃除をした後の気持ちよさは、大きなモチベーションになりますね。


【その3】 部屋をきれいにしていると、小さな汚れに気がつくようになる

床にほこりがない状態が当たり前になると、小さな汚れに気づきます。そして、ぞうきんで拭きます。拭いていると、さらに汚れに気づき、もっとキレイにします。

今までは、ぞうきんをかけるのは何週間かに一度でした。その時はしっかり、時間をかけてやるので、負担も大きくて、しばらくはやりたくないのです。

この10日間で、私は何度もぞうきんを使いました。使い捨てのウエスも利用しました。

汚れを見つけたら、こまめにキレイにする。これが大事です。そしてこれは、短時間で、手間をかけずにできることです。


【その4】断捨離ができていないと、掃除は難しい


私の家には、まだ、処分できていないモノがたくさんあります。その状態でいくら掃除機をかけても、根本的に家の中がキレイになったとは言えません。

掃除をするには、まずモノを動かさなければなりません。動かしたり戻したり。これがけっこう大変です。

でも、そもそもモノがなければ、掃除機をかけるのが本当に楽だと思います。

目ざすのは、そういう楽な掃除です。


【その5】 掃除の回数が増えても、家族は必ずしも喜んでいない

新しい何かを始めるということは、家族にとっては、いいことばかりではありません。

「毎日掃除機をかけることについて、ど思う?」と家族に聞くと、「それはいいことだと思う」「できたら、すごい」と最初は言っていました。

でも、夫は最近、「え? これから掃除? 何も無理してやらなくてもいいんじゃないの?」なんて言います。

今日は、リビングでテレビを見ていた息子が、「掃除するの? 寒いんだけど」と言いました。窓を閉めて掃除はできませんからね。

掃除をするのはいいんだけど、毎日やらなくても・・・。私以外の家族は、こう感じているのがわかります。

思えば、断捨離を始めた時も、そうでした。私の行動は、家族を混乱させていたのでした。
⇒ 私が断捨離を始めてから家族に鬱陶しがられるようになった3つの理由


これからどうするか

「毎日必ず掃除機をかける」と決めて実践するのは、今日で終わりにします。

しかし、掃除機を毎日かける方が掃除が楽だということを体験したので、もうしばらく続けることになりそうです。

少し、いや、かなり自信もつきました。

これからは、できるだけ家族の気持ちも尊重するようにします。


今日も、読んでくださって、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。