ホームスポンサー広告 ≫ 汚部屋の箱からねずみのフンが!ひたすら箱を処分する日々。ホーム親の家の断捨離 ≫ 汚部屋の箱からねずみのフンが!ひたすら箱を処分する日々。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

汚部屋の箱からねずみのフンが!ひたすら箱を処分する日々。


親の家(義母の家)の汚部屋断捨離、ゆっくり進めています。

とにかく多い段ボールやその他の箱。つぶして処分するのに手間がかかっています。

まず、箱の中身を確認しますが、ほとんどが捨てるものです。

義母の家の汚部屋からネズミのフンが・・・ 001


感情を入れずにひたすら片付けるということを、現在、身につけている段階です。

でも、今回はさすがに、ねずみのフンには驚きました。

なぜすぐにねずみのフンだとすぐにわかったかというと・・・。
もう5年以上前になりますが、義母の家にねずみが現れ、家の中にはその形跡が至る所に見られました。

ゴミ箱が倒れている。仏壇に備えたご飯が減っている。あるいは容器が倒れている。テーブルの上のお菓子の袋が破れて、中身が減っている、天井裏で音がする・・・。

実際に、義母は、ねずみが部屋を通過するのを何度か見ていました。

市販のねずみ対策グッズ(ねずみの毒餌、粘着シート)で効果がなく、超音波発生機(ねずみが嫌う環境を作る)など、いろいろ試したけれど、ダメでした。

地域の相談窓口に行きましたが、毒餌をくれただけ。

そこでついに、プロの業者に相談することになりました。

ねずみが棲みついていると思われる天井裏に、毒餌を置いたり、下水が通る部分や家の外のねずみの通り道もチェックしてもらいました。

詳しい経過は省きますが、ねずみは1カ月ほどで出なくなりました。というより、他の家に移っていったのでしょう。

費用は確か4万円台でした。それまでの諸々を合わせると、6万円~7万円になります。                     

それ以来、ねずみの存在はずっと忘れていました。実は、段ボールの中にあった黒いものを見つけても、すぐには何かわかりませんでした。

これは、確かにネズミのフンだと思います。

義母の家の汚部屋からネズミのフンが・・・ 004


ねずみを退治してからは、家の中の被害はないので、今はねずみはいないはずです。したがって、このフンは、ねずみ退治以前のものだと思われます。

おそろしや~。古いねずみのフン。

義母はデイサービスに行っているので、義兄と私しか知りません。

ねずみのフンを片付けて、畳をぞうきんで拭いて、段ボールを処分して。それだけで疲れていてはダメなんですね。

まだ、これらの箱の処分があります。

義母の家の汚部屋からネズミのフンが・・・ 006


開けてみたら、古い保険証書とか領収書とか年賀状が入っていました。

私が判断できないものは、持ち帰って夫に処分してもらいました。保険証書を一部保管することにして、あとは捨てることにしました。

平成21年の年賀状も、すべて捨てることに。


義母の家の汚部屋からネズミのフンが・・・ 008

義母の家から持ってきましたが、まだ捨ててません(汗)。

義母の家の書類を処分 003

このまま捨てるのはまずいので、ハサミで切って、捨てます。

そのまましまい込むんだろうと疑っていませんか? そんなことしませんから。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。