ホーム親の家の断捨離 ≫ 親の家の汚部屋の床を初めて見た! ねずみのフンの除去完了。

親の家の汚部屋の床を初めて見た! ねずみのフンの除去完了。


今日は建国記念日。国民の祝日です。

でも、義母はデイサービスに行きました。デイサービスに感謝するのは、祝日でも休まないことです。職員の方たちは大変だと思いますが、家族にとっては、本当にありがたいです。

さて私はというと、いつものように、義母の家掃除をしました。

illust11b.jpg

気が重いねずみのフン、まだありました。
例の汚部屋ですが、少しずつ、モノが減ってきています。

前回までで、たくさんの箱を捨てました。前回出た段ボールは、こちらです。

親の家のねずみのフンをきれいにした 009

⇒  汚部屋の箱からねずみのフンが!ひたすら箱を処分する日々。


今日の【ビフォー】は、この状態です。

親の家のねずみのフンをきれいにした 002


布団をどかして、床のゴミを集めてみると・・・。

やはり、ねずみのフンがありました。

親の家のねずみのフンをきれいにした 004


ねずみに悩まされたことは、前回の記事に書いています。 
 ⇒  汚部屋の箱からねずみのフンが!ひたすら箱を処分する日々。

ねずみのフンは、病原菌がいっぱいだそうです。だから、ちゃんと手袋をしてぞうきんで拭き、そのぞうきんはすぐに捨てました。

この床を見たのは、初めてかもしれません。以前はここに義母のベッドがありましたが、介護用のベッドが入った時に、古いベッドを処分しました。

ずっとここにあって、何年も使っていないもの。それを処分します。

親の家のねずみのフンをきれいにした 005

風呂敷を一応開けてみました。ボックスシーツと枕カバー、膝のサポーターが入っていました。義母が入れたものです。予想通り、風呂敷ごと、要らないモノでした。

親の家のねずみのフンをきれいにした 006


今日はここまでです。

【アフター】はこんな感じです。

親の家のねずみのフンをきれいにした 008


使っていないこの布団、粗大ごみとして出すか、小さく切って普通のごみとして出すか、思案中です。

今日は国民の祝日。まだ寒いですが、空には雲一つない晴天です。

こんな日に汚部屋掃除か~なんて、思わなくなりました。今自分がやることは、自分の家と義母の家をキレイにすることだと思っています。「受け入れた」という言い方が適切かもしれません。

とはいっても、なかなかやる気が出ない時もありますけどね。 
 ⇒ 親の家を今年初断捨離!こんな簡単なことが何年もできなかったのはなぜ?

子供たちも大きくなると、祝日に一緒に出かけることもなくなります。以前は、義母と義兄と一緒に買い物に出かけ、外で食事をするということもたびたびありました。

今日、息子はバイトに出ているし、娘は試験勉強で部屋にこもっているし、夫は今、ランニングで外に出ています。

私は、自分の時間が持てるようになったことを喜び、その時間を大切にします。

ねずみのフンを片付けて思ったことは、今、手をつけてよかったということです。不潔で衛生的でない状態をそのままにしておくのは、健康にもよくないし、運勢を下げることにもなりますから。


今日もここに訪れてくださって、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル