ホーム親の家の断捨離 ≫ 義母の裁縫道具をサッサと捨てる私は鬼嫁か?

義母の裁縫道具をサッサと捨てる私は鬼嫁か?


何日もかけて、親の家(義母の家)の汚部屋断捨離しています。

できれば早いとこキレイにすっきりさせたいのですが、1回に15分から30分しか、時間をかけられないのです。というより、時間をかけたくないのです。

illust9b.jpg


今日は、義母が大切にしていたであろうモノを処分しました。捨てるか残すか、けっこう決断が早かったのは、私が薄情なせいでしょうか。

箱を取っておくから、モノがたまるんだね


義母の家の、物置小屋のようになっている汚部屋は、少しずつですが、片付いてきています。

前回の片付けについては、こちらに書いています。 ⇒ 親の家の汚部屋の床を初めて見た! ねずみのフンの除去完了。

段ボールや紙の箱を解体して、その中のモノを処分するという作業を続けてきました。人は、箱にモノを入れたがるものですね。私も、少し前まではそうでした。

段ボールは、処分するのが面倒で、取っておく。すると、その中に入れたいものが出てくる。

紙の箱も同様です。たとえば、いただき物のお菓子の箱。しっかりしているし、キレイだから、取っておく。すると、その中に何かを入れたくなる。

そこに箱があるから、モノをためこむ。

こんな愚かなことは、もうやめると決めました。


義母には相談しないで捨てるよ


今日、片付けることにしたのは、この部分です。 【ビフォー画像】

親の家の汚部屋の片づけ裁縫箱 003

箱の中には、こまごましたモノが保管されていましたが、ほぼすべて、処分してよいモノです。

今日のメインは、これです。義母の裁縫道具が入った箱です。メインの裁縫箱は、別にあります。

親の家の汚部屋の片づけ裁縫箱 007

義母が集めたボタン、糸、ゴム。どう考えても、使う予定はありません。だから、全て捨てることにしました。燃えないゴミは、分別して捨てます。

裁縫道具は、女性にとっては大切なものですよね。それを短時間でサッと処分してしまうなんて、鬼嫁と言われてもしかたがないと思いました。

そんなに簡単に捨てられるのかと聞かれれば、捨てるしかないから捨てるのだと答えます。

感傷的になど、なっていられません(なってしまう時も、ないとは言えませんが)。

前回のキッチンの断捨離のように、義母と一緒に楽しんでやるものもありますが、義母には相談せずにやっているものの方が、圧倒的に多いです。

義母にも声をかけた断捨離 ⇒ キッチンのシンク下のモノを義母と一緒に断捨離。脳のリハビリも兼ねて【ビフォー&アフター】

義母がデイサービスに行っている間に断捨離


義母は週2回、朝9時過ぎから午後4時半ごろまで、デイサービスに行っています。迎えの車で職員の人が来てくれて、「行ってらっしゃい」と義母を送り出した後が、最も能率が上がる断捨離タイムです。

15分~30分で、終わりにします。箱を壊したり、ゴミをまとめたりする時間も含みます。

今日、捨てたモノは、これだけです。

親の家の汚部屋の片づけ裁縫箱 005

ちょっとスッキリしたでしょ? 【アフター画像】

親の家の汚部屋の片づけ裁縫箱 012

まだ箱があるだろうって? それ言わないで(笑)。次回やるから。


今日も、読んでいただいて、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル