ホーム親の家の断捨離 ≫ 捨てても捨ててもモノがある親の家。汚部屋の押入れの片付け開始。

捨てても捨ててもモノがある親の家。汚部屋の押入れの片付け開始。


義母の家の汚部屋を片付けています。

たった15分ずつですが、もう5回くらいやっているので、相当いろんなモノを捨てています。

illust9.jpg


義母の家では、今、食べるもの以外はほとんどモノを買っていないので、どんどんモノが減っていきます。と言いたいところですが、捨てても捨てても、いろんなところからいろんなモノが出てきます。

今日は、箱から逃げてしまいました(笑)。

これでもずいぶん片付いたんですよ。

掃除機のメンテナンス 006

片付け始めたことは、物置小屋のようでした。

今気づいたのですが、このバランスボールは必要ないということ。義母の足のリハビリに使ったものですが、もう何年もまえのことです。

もともとはウチにあったものですが、今は必要ないし・・・。どうするか、考えます。

あとは、布団とテレビ台、使っていないシルバーカーを処分したら、この部屋はだいぶ広くなるでしょう。

布団とテレビ台は、有料の粗大ごみに出すつもりです。

粗大ごみは、地域の粗大ごみ受付センターに電話しますが、今はインターネットでも申し込みができます。

布団は、燃えるごみに出せるように細かく切ろうと思いましたが、大変そうなので、あきらめました。

これは義母が作ったジグソーパズルです。

掃除機のメンテナンス 003

もう10年以上も前のものだと記憶しています。ふすまの横の長さよりも大きいんです。

パズルが大好きだった義母に、よくいろんなお店でパズルを買って届けていました。大きなサイズのものも、けっこう作っていました。

掃除機のメンテナンス 013


この部屋で捨てるモノがほとんどなくなったので、今度は押入れで捨てるモノを探してみました。

掃除機のメンテナンス 008


また箱が・・・。いくつもの箱を処分してきましたが、今日はスルーして、下の段を片付けます。

これだけの不要物がありました。

掃除機のメンテナンス 017

私の知らないモノばかり。でも、明らかにいらないと思われるモノばかり。

こんな時はどうするかというと、「ごめんなさい」と「ありがとう」を言って、ゴミ袋に入れます。

先週最終回を迎えた整理整頓コメディー「私のウチには、なんにもない」では、祖母の遺品で捨てることにしたモノに対し、「ごめんなさい」と言って手を合わせる場面がありました。

今まで、手を合わせることはしていなかったので、やってみました。

3月も後半に入りました。

3月の目標は、なんとかクリアできそうです。
 ⇒ 3月中に終わらせよう。親の家の汚部屋片付けがまだ途中


今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル