ホーム親の家の断捨離 ≫ 親の家は段ボールの宝庫!片付けようとすると中に箱が・・・

親の家は段ボールの宝庫!片付けようとすると中に箱が・・・


自宅だけでなく、親の家片付けている、はる野です。

義母を美容院に送って行き、帰ってきて食事のしたくをして、迎えに行くまでの残り時間は20分。

短時間でも、片付け、やりますよ~。

今日もよろしくお願いします。
今日は、廊下(けっこう広い)に置かれた諸々のものを片付けました。

正直、ここには何があるのか、よく把握していません。毎日来ているのに、です。

使っていないテレビや食器の乾燥器、電気のかさなど、明らかにガラクタが置いてありますが、めんどくさいので、見て見ぬふりをしてきました。

親の家の段ボールを処分 003


大きなガラクタは粗大ごみに出すとして、今日は、何が入っているのかわからない段ボールを開けてみました。

義母の家には、いろんなところに段ボールがたくさんあります。けっこう場所を取っていますよ。だから、中身を確認して、段ボールを解体して、処分しなければなりません。

今日空けた段ボールの中には、意味不明の箱が入っていて、その中身は・・・?

空っぽでした。

裏が白い広告を切ったものがたくさん入っていました(領収書を貼るのに使っています)が、丸まっていて使いにくそうなので、ごっそりごみ袋へ。

ガーゼ、プラスチックのケース、木でできた肩こり解消グッズ、折り紙や工作の本数冊・・・。捨てます。

こんなに素早く判断できるなんて!

あ、やばい! もう時間だ。ということで、段ボールの解体は明日にします。

親の家の段ボールを処分 004

段ボールの中身は、ほぼ空になりました! ほぼって何じゃい、中身を全部捨てたんじゃないのかい、と突っ込まれそうですね(笑)。はい、明日、処分します。

私が片付けをしている間、義母は昼寝です。「これから片付けるからね。」と言ったら、「ありがとう。お願いします。」ということで、私に任せてくれるのだそうです。こりゃ、楽だ。

親の家、20分の断捨離、今日はこれで終わりです。

「目をやれば すべてがごみに 見えてくる」

棚の上に積まれた段ボールは、ひもでくくってあります。何が入っているんだろう。靴の箱もたくさん。中の靴はどうなっているんだろう。もしかして、空だったりして。

断捨離したくてうずうずしてきました。

かつてのこんまりさん(近藤麻理恵さん)が、毎日捨てる物を探していた時というのは、こんな気持ちだったのかなと、初めて理解できました。あ、こんまりさんのお宅とは、汚さの点で比べ物にならないのはわかっています。

今日は夕方から仕事なので、自宅の断捨離はお休みします。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル