ホームスポンサー広告 ≫ 断捨離は、意識して継続しないと元にもどるという事実ホーム生き方・感じ方 ≫ 断捨離は、意識して継続しないと元にもどるという事実

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

断捨離は、意識して継続しないと元にもどるという事実



友人の家にお邪魔したということを書いたばかりですが、帰りがけに友人が言ったことが気になったので、お伝えしようと思います。

illust4.jpg


この友人は、3年ほど前、断捨離を学んだ人を家に呼んで、一緒に断捨離を実行したところ、かなりたくさんのものを処分できたのだそうです。

そして今は・・・?
断捨離の実践は、専門家と一緒にやると、確実にできる

友人は、やましたひでこさんから直接指導を受けた知人に家に来てもらい、一緒に断捨離をしていきました。その時、洋服や本、仕事関係のものを大量に処分できて、すっきりしたそうです。

一人ではなかなか捨てられないものが多かった彼女は、断捨離について詳しい人にアドバイスを受け、自分にとって不要なものがはっきりわかり、処分することができました。

それから3年。今では全く断捨離は意識しておらず、家にはまた不要なものがたまってしまったそうです。

私が見た限りでは、リビングはきれいに片づいていました。彼女の部屋は散らかっていると言っていたので、そこにガラクタがあったのかもしれませんが。

断捨離は、ずっと続けていかなければいけないんですね。意識するのをやめたら、部屋にはまた不要なものが増えていきます。ただ、自分には断捨離が必要ないと思うなら、やらなくてもよいのです。

私は、ずっと断捨離を意識していられるだろうか・・・。


収納するところの少ない家には、不要なものがたまらない


友人の家にお邪魔して確信したこと。それは、収納するところが少ない家には、ガラクタがたまらないということです。

彼女の家は、押入れが少ないのです。お母さんはそれが不満だと言っていますが、実はこれって、断捨離を実行する上では、とてもラッキーなことだと思うのです。

押入れがたくさんあると、とりあえずここに入れておこうということで、安易にモノを入れます。そして入れたことを忘れてしまいます。

彼女の家は、断捨離するのには理想的な家だということです。

彼女の家に久しぶりにお邪魔して、お母さんの手料理をたくさん食べさせてもらいました。かつて、よくご飯をごちそうしてくれたお母さんは、80歳になった今も、料理大好き、人をもてなすのが大好きというところは、変わっていませんでした。

炊き込みご飯と手作りジャムをいただいて、帰ってきました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント













管理者にだけ表示

Copyright © 私流ゆるやかな暮らし All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
RSS1.0 | 管理モード | template by 風花スタイル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。